生活経済ジャーナリストあんびるの  「あんびる〜ばぼ〜日記」

大学1年生と中学3年生のママの日常は アンビリーバボーなことばかり! 「子供のお金教育を考える会」代表のあんびるが感じた ちょっと驚きの日常を気ままにご紹介します…。

9月20日号の『週刊女性』に、
「いま知っておくべきお金の大問題」という
10ページ特集があります!
あんびるもちょこっとコメントをしています。

IMG_8180


ぜひぜひご一読を。

あーぎりぎりの告知になってしまった( ;∀;)
まだ書店にあるといいな…

お久しぶりです!

元気にしていました

HPも7月23日で止まっていますが…
あの後、滋賀県に伺ったり、
北区の3回連続講座を行ったり、
東邦銀行での「起業してみよう」ワークショップや
愛媛県のキッズセミナー、山口県でのフェスタ…などなど
行っていました

そのたびにチラシを作成していただいたりするのですが
その写真と、現在との違いを指摘されることも
老けたことももちろんありますが
今、髪の毛が長〜いのです。
IMG_8099

IMG_8094


今日は、その理由を書きたいと思います

実は…FBのお友達が紹介してくださったのですが
髪の毛、寄付できるんです!
ヘアドネーションというものです。

頭髪の悩みを持つ18歳以下の子供たちに、
100%寄付された髪の毛を使って
『フルオーダーメイドの医療用ウィッグ』を作られている
団体があるなんて、ずっと知りませんでした。

私は、身体があまり丈夫ではないので
身体を使ったボランティアができず、
すっと自分のことを情けない…と思っていたのです。
でも、私の身体でも役立つこと、あったと思って。

もうすぐ50歳ですから、
だんだん髪の質も悪くなるでしょうから
これがラストチャンス!かな⁉と思って伸ばし始めました。

夫も、私の髪がいい状態になるように
トリートメント効果のあるドライヤーを買ってくれたり
環境美化のために掃除機を買ってくれたり
なにかと協力的です。

秋の講演会を前にベリーショートにしようと思ったのですが
娘がはかってくれたら、まだもうちょっとみたい…。

小林麻央さんもヴィッグについてブログに書かれていますね。
私の髪の毛も、誰かに楽しんでいただければと願って…
もう少し、頑張ります!



本当にお久しぶり…になってしまいました。

生活に追われている、あんびるです。

久しぶりにHPを更新しました。

あんびるえつこのサイト

そう、いろいろなところに伺ったり
いろいろなところに書いていたりするのですが…

ご報告が後手後手…です

ああ、もっと几帳面な性格になりたい!



また追ってご報告いたします(いつになることやら…

今日は東京地方、晴天です


朝から洗濯、頑張りました


ここのところ原稿書き&夏のワークショップの準備(これ膨大!)で
ずっとパソコン仕事。

この上なく不健康です…

ということで…

大好きなスイーツを
ヘルシーなものにしてみました

image


ミューズリーとヨーグルトと
バナナを混ぜて焼いただけのクッキーです

計量器具を一切使わないから
ガサツな私にもできた。

手軽だし、おなかにたまるし…
これ、ハマりそうです

あ、味ですか?

ウマからず…マズからず…です

元気に体調復調しつつある、あんびるです(^-^;

さてさて、今週の「週刊女性」に
あんびるのコメントがちょこっと載っております。

よろしければどうぞ〜

FullSizeRender (003)


最近、硬派な記事が話題の「週刊女性」。
今週号も女性政策についての記事があったりします(もっと読みたかった)。
印象に残ったのが、米兵による被害者支援を訴える
フィッシャーさんの記事。
事件が起きたのは、横須賀か…。
被害にあうのは、日本人だけではないのですね…。
心が痛みました…。


のど風邪、治りません…

こういう時は、創造的な仕事はできないので
ひたすらインプット、お勉強しています。

幸いにも…
勉強しなくてはいけないこと
目を通さなくてないけない資料は山ほど

ありがたいことです

ところで…

一昨日、初ゼミの準備とやらで
完徹(完全徹夜)した息子。
昨日、無事(でもなかったらしいが)発表を終え、
部活までやって、帰宅したのは夜9時すぎ。
そのまま、本日の英語の発表のために
昨夜は2日目の完徹に突入〜
と、本人、やけにテンション高かったのですが。

朝5時半、私が起きると、リビングで寝落ちしていまして…

「今日の発表、何限?」と聞くと「4限」というので
あ、午後からか。じゃ寝ておいで〜となったのです。

で、親切な私が、午前10時半くらいに
「そろそろ起きたら〜」と一応声をかけてあげると…。

息子、顔面蒼白

英語の発表、2限だったらしい…。
希望的寝言が致命傷に…

うわ〜やっちゃった〜

「とりあえず遅刻でも行って、半沢してくる(土下座のことらしい)」と。

ま、1年の時でよかった。
単位落としても、来年、もう一回チャンスあるからね〜!
と、経験豊富な母は思ったのでした。

「失敗から学ぶ」。

いつも講演会で言っていることだけど、
今日は、息子におくろう






夏大好き人間なので…

ここのところの陽気は大歓迎なはずが…


風邪、ひきました!

喉が焼けるように痛いです〜( ; ; )

スイカばかり食べています…
image



対処療法と知りながら…つらすぎて…

鎮痛剤飲んだりして


寝ても治らないし
ダルいし
微熱下がらないし
なんなんだー>_<



噂によると
こんな喉風邪が流行っているそうで。
皆さまもお気をつけくださいませorz

「児童心理」という専門雑誌の6月の増刊号は
「小学3・4年生の家庭教育」です。

IMG_7234


私も、
「お金」との付き合い方を教える
というタイトルで書かせていただいています。

IMG_7236



この「小学3・4年生」、本当にとても大事な時期だと思うのです!

原稿を書くにあたり、我が家の2人の子どもたちの
小学校3・4年生の頃を振り返ってみたのですが、
なんと2人とも、3年生の時に
なにか問題があった際に開かれる「特別保護者会」なるものが
開催されていたことに気付きました!

「特別保護者会」が開かれたのは、
2人とも、小学校6年間で3年生の時のみ。
それだけ「問題」が起きる、というか起き始める年代なんですよね。

言わずと知れたギャングエイジ、というわけで。

でも、こうしたギャングエイジの行動は、
大人になるうえで大切なもの。
逆に近頃は、こうした時期が失われつつあることが
問題になっているくらいです。

しかし、親としては、今までかわいい私の子ども💛
だったものが
別の顔を見せてくるわけで、戸惑うものです。

その辺のことが、
子どもの気持ちや発達についても含めて書かれています。

どれもきっと役に立つと思います〜。
ちょっと値段が高いのが玉にきずですが…( *´艸`)
ぜひご一読を(#^^#)


十年以上前の話。

もう時効かな…と思って
マイ広報紙のコラムに書きました。

元気に過ごされますよう祈っております。

あの泣いていたママも救われたかも…夜間に女性職員が話を聞く試み
マイ広報紙 https://mykoho.jp/

熊本の応援買いの野菜が
届きました!

IMG_7224


余震が続く中、手入れをし、そして収穫してくださったのですね…。

心していただきます!



次は…大分県かな⁉

このページのトップヘ