生活経済ジャーナリストあんびるの  「あんびる〜ばぼ〜日記」

大学3年生と高校2年生のママの日常は アンビリーバボーなことばかり! 「子供のお金教育を考える会」代表のあんびるが感じた ちょっと驚きの日常を気ままにご紹介します…。

1

 今日は、久しぶりに鉄拳を握り締め、
思いつくままに書いていきたいと思います。
しばしお付き合いを…。
 第3次小泉内閣が発足し、
支持率も好調のうちに「聖域なき改革」が
加速度を増してきました。
そして同時に、その“聖域”が何をさすのか、
だんだん明らかになってきたようです。
 このスローガンが掲げられた当初は、
あたかも“聖域”は、利権がからむ公共事業を
指すのではないかと推測されました。
ところが、実は社会福祉を指しているのだ
ということが、わかってきました。
先日、「障害者自立支援法」が、組閣騒ぎに
まぎれて成立。多くの議員が口にする
「社会保障費は一般会計歳出の約4分の1を
占めており、ここにメスを入れないと
財政赤字は解消しない」という意見は、
一見正論のように聞こえます。
しかしそもそも政治の役割は、何でしょうか?
国民の利害や利益を調整し、すべての国民が
平和のうちに暮らせるようにすることでは
ないのでしょうか。

 娘が統合教育の保育施設に2年間お世話になり、
障害を抱える家族を目の当たりにしました。
お金で解決できないご苦労が多い中で、
お金で解決できる部分は社会が支えなくては、
平和のうちに暮らすことは不可能な場合があります。
社会保障においてその根幹である“分かち合い”の
精神を失っては、日本はますます住みずらい国に
なってしまいます。
 ここのところ講演の機会を多く与えられる
ようになり、一段高い演台に上ると、私より
より多くの重荷を背負い、その分足腰の強くなった
人々が世の中には多くいらっしゃるのに…と、
正直恐縮しきりのところもあります。
が、私自身の出来うることとして、こうした
“分かち合い”の重要性を訴えていくことが
使命なのではないかと、年金制度を初めとする
昨今の社会保障の改悪の様子を見て、
思いを新たにしているところです。
経済は、金儲けのための学問ではありません。
貧困、不平等、不況といった社会問題に対する
経済的処方箋を考える学問なのですから。

 いわゆるニューエコノミーのもとで、
今後社会がますます2分化されていく中で、
政治レベルでも民間レベルでも“分かち合い”が
なされなくなっていったら、
どういう社会になってしまうのか。
考えると怖くなってしまいます。

 せっかく壇に登る機会を与えて
いただいているのだから、経済的なものの
考え方を子どもたちに伝え、“分かち合う”ことの
重要性を認識してもらいたい。
それは、今を生きる人への分かち合いと同時に、
環境を保護することによって未来の人との
分かち合いを考えることでもあります。
 
今行われている改革に話を戻します。
強者のための“聖域”は必要ありません。
法人税も、金持ち優遇の税制にもメスは
いれられるべきです。しかし分かち合いのための
“聖域”は必要です。こうした“聖域”を
認めない構造改革は、
政治による政治の放棄にすぎません。
私たちは、今一度構造改革の中身を、
しっかり見極める必要があるのではないでしょうか。

今日はお知らせのみで失礼致します!

お知らせ1:
明日のテレビ東京「モーニングサテライト」
(午前5時45分から)に
私が考案したワークショップ
“カレー作りゲーム”の模様が
少々放送される予定です。
ほんの少しだとは思いますが
もし早起きしていましたら
ご覧くださいませ。

お知らせ2:
上記“カレー作りゲーム”を
11月26日に開催されるイベント
「金融教育フェスティバル」で
3回実践いたします。
こちらもよろしかったらどうぞ…。
http://www.shiruporuto.jp/event/17festival/index.html

注:“カレー作りゲーム”は、
経済学の基礎概念を
カレーの材料を選ぶという
模擬ショッピングを通して
実感してもらおうと
あんびるが考案したものです。


5

 昨日深夜にテレビ朝日で放送された
「朝まで生テレビ」に、
東京大学教授・小森陽一先生が
出演されていました。
小森先生は、私の大学時代のゼミ担任。
ぜひ見ねば…と思いつつも、
昨日は馴れないテレビの取材があって
クタクタだったので、
まぶたがくっつかないうちに録画をセット。
今朝起きてすぐ見ることにしたのでした。
 先生の議論される様子を見て、
ゼミの後や、ゼミ合宿で、
時間を忘れて夜通し議論した
大学時代が懐かしくよみがえってきました。
当時は、論議する中で衝突を繰り返すことに
腹を立てたり、理解されないことに
おへそを曲げたりもしていました。
しかし今になってみると、
新進気鋭の研究者が、
よくぞ私たち学生のために貴重な時間をさいて、
青臭い議論につきあってくださったものだと、
そのありがたさが身にしみます。
それは明らかに大学の教師としての
職務を越えた、長時間にわたる、
エネルギッシュなものでした。

あと数年もすると、
私も当時の小森先生の年齢に達します。
もし自分が次世代に向けて
何かしら出来ることがあるのなら、
先生にならって、時間を割き、労力を惜しまず、
勤めていこうと思うのでした。
肝心の「朝まで生テレビ」の主題
「日本国憲法改正か否か」については、
また折を見て。
なにしろ我が家の“次世代”が
私の時間と労力を
欲しそうにしているもので…。

3

今日は娘の幼稚園が休園。
甘えっ子の娘と、べったり一日いるはめに
相成ったわけです。
私としても、連載の下調べという
軽い業務以外、仕事を入れていない
久しぶりの休日。
やりたいことは、山積みだから
期待いっぱいで迎えたわけで…。

まず洗濯でしょ、それに掃除。
棚の上のほこりも払いたいし、
水周りも、それから…読みたかった本も読める!
今、なによりしたいのは、読書!
NATAN SHARANSKYの
[THE CASE FOR DEMOCRACY]
という本を読みたくてうずうずしていたのです。
この本、実はかのブッシュ大統領が
バイブルとしているものだそうで、
彼がなぜアグレッシブなのか
知る手立てとして読んでおきたいものだと
もう何ヶ月も前に購入し
ずっと「つん読」していたのです。
この前の山梨の講演会の帰りの新幹線で
自分の意見を英語で言える、
しかもどうやらネイティブではない、
今まで遭遇した中で最高の日本人に出会い
多いに刺激を受け、私も英語を敬遠せず
読みきってやろうと、情熱の塊と化していたわけです。

でも、だめだった。
原因は、もちろん甘えっ子の娘。
今、これを打っているときもひざの上にいる
この娘だ!
朝から、牛乳パックを使った工作を一緒に作らされ
それから読んだ絵本は17冊。
それに「おやつ」も作るんだと言い出し、
ゼリーを一緒に(というかほとんど私が)作るはめに…。
なんなんだろう。子どもという生き物は。
愛情と時間を、海綿のごとく
いや、サハラ砂漠のごとく吸い取っていく…。
ああ、疲れた。

本どころか、ホコリも払えず
外が薄暗くなってきた…。
これから息子のお迎え業務&夕食作り…。
だれだ! 主婦を「三食昼寝付き」なんていったのは!
膝の上の娘が重たくなってきたので
ここでお開き…。
あぁ ブログまで中途半端だぁ…。

今日、ポストに入っていた区報の
「子育て支援」の文字が滲んで見える。
幼稚園さま、いつもありがとうございます…。


2

今日は下の子の幼稚園のお芋掘り遠足。
なにが辛かったって、
行きかえりのバス。
活字中毒の私は、乗り物に乗るとその症状が悪化。
活字が読みたくて読みたくて…。
まさか子どもの遠足の本を読み出すわけにもいかず
仕方なくお菓子のパッケージを読みまくったのでした。

話は少々飛びますが、
実は、息子も「活字中毒」でした。
家に帰るなり、本を読みだして放さない。
親同様、たいした本を読むわけではないのですが
これも遺伝子のなせる業か知らんと
ちょっぴりうれしく見守っていたのです。
薄暗い部屋で読みすぎて
「うー気持ちわるい!」とつぶやいているのを
聞いたときの、うれしかったこと!
あの気持ち悪さを、息子と共有できるなんて…

ところが!
最近はちょっと様子が違う。
家に帰るなり、レイザーラモンのマネをして
腰を振る練習を始める始末。
息子のお笑い好きは、これまた私の遺伝子。
高校時代、落語研究部に所属していたくらい
私もお笑いが好きなのだから仕方ない。
でもだからといって、お笑い番組を録画してまで
見せてしまったのが悪かったのか…。
今の若手芸人は下ネタに逃げないから、
親子で楽しめる、なんて安心していたら…。
なんだ! あのレイザーラモンは!!
突然出てきて!
だいなしじゃないかーーー!

聞くところによると、かのレイザーラモン氏。
同志社大学のプロレス部ご出身とか。
我が息子もレイザーラモン氏にあやかって、
文武両道ならぬ、文腰両道してくれることを
せめてもの救いにしたいところです…。
明日は机の上に、
おすすめの1冊(注・文学書ではなくコナンの昆虫解説本)
でも置いておきましょ。

5

アクシデント発生!
島根県に行ったら、帰りの飛行機が飛ばず、
一泊する羽目になってしまいました。
日本でもこんなことあるんだー
(ギリシャでは経験済み…)と感心している場合じゃない!
お弁当作りがあるから、日本全国どこでも日帰りをしていたのに
あーどうする娘のお弁当!!

結局航空会社の用意してくれたホテルに泊まり、
お弁当は、ばあばに泣きつく。
はあ。
帰ってみると、ダイニングテーブルの上に
郵便物が山済みに。
ため息混じりに片付け始めると…
内閣府の広報誌「ESP」が届いていました!
テーマは「経済教育元年宣言」。
私も書かせていただいていたものです。
私などが執筆することに恐縮しながらも
こうして意見を述べる機会を与えていただいたことに
深く感謝する次第です。
先生方の論文を拝読すると、
法政大学の小峰先生の論文に引用されていた
一文にはたと目が留まりました。
それはイギリスの経済学者アルフレッド・マーシャル氏の
ケンブリッジ大学教授就任記念講演での言葉で
「冷静な頭脳と温かい心情を持ち、
社会的苦悩を克服するために、
自ら最善の能力を進んでささげようとする人々の数を
一人でも多くすることが私の念願であります」というもの。
マーシャル先生とは無縁だけれど、
そして冷静な頭脳どころでもないけれど、
私になにかしらのものが残っているとしたら、
それを進んで
子どもたちを、そしてこれからの社会をよりよくする
道具として、使ってもらえたらと
意を新たにした次第です。
まだまだ続く、秋の講演行脚。
これからも、およびいただける限り、
誠心誠意、がんばらねば。
まずは手始めに…サロンパス、買ってこよう!

4

ああ、気がついたら10月も10日以上過ぎていました。
9月末から怒涛の講演会ラッシュにあり、
おりしも子どもの行事ラッシュと重なり、
体の弱い私はクラッシュと相成ったわけです。
まあ、これも恒例なのですが。

この日記を読んでくれた高校時代の同級生が
「育児と仕事の両立、えらいね〜」なんて
メールをくれたのですが、
両立なんてとんでもない。
私が「カレー作りゲーム」でやっているのと同じ。
時間もまた希少なものですから、
トレードオフの状態になるわけです。
で、自分の時間を削り、睡眠時間を削り、
休息時間を削り、夫との時間も削り…
挙句の果て、家事労働時間も削り、部屋はめちゃくちゃ。
まさに血を吐くような思いで
仕事の時間を作っているわけで。
まったく格好よくも、素晴らしくもないのです。

でも唯一削らないのが、お料理の時間。
子どもを授かった以上、
子育てが一番の使命だと思っているので、
その根本たる食だけは、手が抜けない。
平日は私が身体に鞭打って、
そして休日は夫が夢中で
お料理を作るのでした。
子どもはシェフが変わる分だけ味も気分も変わり
おかげでよく食してくれます。
しかし! 夫のお料理の方がおいしいというのが
もはや我が家の定説となりつつある。
これでは主婦として面目立たないではないか!

そこで私は、奥の手で対抗することにしたのです。
特別なお料理で…。
それは…「どんぐり おやつ!」。
なんのことはない、子どもたちがとってきた
マテバシイの実(どんぐり)をフライパンで炒るだけ。
これが意外や意外、おいしい!
上の子が学校で教わってきたのだけれど、
自分が収穫したものが口に入るということも手伝って
子どもに大好評。下の子(4歳)は、
「ママのお料理のほうが、やっぱりおいしい」と
いってくれたほど。
体の弱い、そして料理力の弱い私の
大逆転ホームラン料理(?)となったのです。
ふふふ。

しかし季節はめぐるもの。
あっというまに10月だったし、
この奥の手が使えるのも、あとわずかか…。
次の季節に通用する
大逆転ホームラン料理を、考えねば…。

5

すっかり感動。
うーん、こういう本を子どもに
読んで欲しいのよね…
という本を発見!
そんなわけで、今日は、
サボりぎみの「あったおすすめ本」に代わり、
「あんびる おすすめ本」です。

内閣府の調査によると、
2002年のニートの数は、推定で約85万人。
約85万人もの悩める若者がいるわけです。
職業選択の自由が一応認められ、
豊かにもなった今、仕事選びは
かえって難しいものになったのかもしれません。
でも、大学卒業以来、まがりなりにも
ずっと仕事をしている私としては、
自分に向く仕事を探すことに固執するより、
今与えられた仕事を一生懸命していく中で
自然と天職というものに導かれていくんだよ…
と教えてあげたい気がするのです。

で、そんな職業観を見事に
そして愛情深く教えてくれる児童小説が
まさに今日紹介したかった本
「おじいさんと青い外套」です。
悩める若者に、
そしてこれから悩んでしまうかもしれない
子どもたちにぜひ読んでもらいたい本です。
ルビもふってあるから、
小学校高学年から読めますよ。

「おじいさんと青い外套」

おじいさんと青い外套

1

祝・論文入稿…ということで、
家族で奥多摩に釣りに行ってきました。
よっしゃ、リフレッシュ! 怒涛の10月に向けて
仕事するどー!と思いきや…。
下の娘が発熱。あー仕事、たまる一方。
今夜は、また恐怖の徹夜かなあ。

それはさておき、今日はぐうたれて、
娘と一緒に禁断の
ワイドショー鑑賞と相成ったわけで。
悪い母でごめん…。
すると、初当選議員のにこやかなご様子が
画面から延々と流れ出してきまた。

「政治家は、人に『死ね』といえる職業。
『死ね』と言える以上、
政治家には覚悟してならなくてはいけない」。
取材で、こういった政治家がいました。
自民党の故・新井将敬氏。
まっすぐに見つめて、そういいきる姿は
なんともいえない迫力がありました。
政治家の格好つけだと思わせない
説得力があったのです。

私が政治家に取材する機会があったのは、
ちょうど日本新党の立ち上げのとき。
自民党は、野党の勢いに負け、
長年あった与党の座を
まさに引き摺り下ろされん…としている時でした。

そのときは、あの小池百合子氏にも、
日本新党を代表して取材させて
いただきましたし、
平成維新の会の大前研一氏等錚々たる方々に
お話を伺ったのですが、
しかし一番、心打たれたのは、
勢いを失っていた自民党の議員、
故・新井将敬氏の取材だったのです。

その後何年かして、新井氏は自死されました。
なんとも言葉がありません。
政治家・新井将敬の評価を
ここで総括するつもりはないのですが、
ただ政治家として必要なのは、
政治家としての覚悟よりも
歌手と一緒に新党を立ち上げてでも
再トライ、再々トライするくらいの
ふてぶてしさなのかと思うと、
残念でなりません。

日本の財政赤字を見ても
まさに決死の覚悟で臨まなくてはいけない
今の国会。
子供たちの未来を決める
本当に貴重な4年間です。
どうかバッジの重さを
かみしめていただきたい。
だから初登院に際して、
この新井氏の言葉を、僭越ながら
ここに記したくなったのです。

私の脇で笑う、この娘や
多くの親のもとで無邪気な4年間を過ごすだろう
今の子供たちが、
大人になってからも笑顔でいられるように。
選挙が終わってしまった今、
母親として、祈るような思いで
議員の方々を見ています。








2

ようやく、のどに刺さった魚の骨だった
論文の完成のめどがたった!
明日、超優秀なスーパー編集長(夫!)に
お目通しいただき、提出と相成る。
なにせ競走馬みたいな性格だから
ここ3週間ぐらい、この論文以外
なにも目にはいらない状態!
他の雑誌の仕事3つは、
なんとかムチ打って仕上げたけど…。
家の中は、ホコリだらけ。うひゃー。

しかしホコリがたまっていたのは、
家だけじゃなかった!
さっき鏡で顔を覗き込んでみたら…
古そうな角質が、頬にたまり
毛穴がびろーんちょ。
この前のテレビ収録のとき、
ヘアメークさんに
「私、肌年齢、高いですよね〜
(実年齢とはいわない)」と水をむけると
「ほかのみなさんは、お金かけてますからね」と。
ばれたか。1000円化粧水、使っているの。

で、私の頭に公式が生まれた。
「高い化粧品=きれいな肌に不可欠」。
すぐに行きましたよ。およそ10年ぶりの
テパートの化粧品売り場。
そして買いましたよ〜。美容液。
もちろんスーパー編集長に内緒で。
しかーし! その後、競走馬になってしまったので
ちゃんとつけないどころか
仕事の合間にコーヒーがぶのみ、寝不足状態…。
で、今見てみたら、毛穴びえおーんちょだったのです!
さっそくこれから、高級美容液をつけましょ。
さてさて、お肌の毛穴やいかに!!むふふ
家の中のホコリは…明日でいいや!

このページのトップヘ