生活経済ジャーナリストあんびるの  「あんびる〜ばぼ〜日記」

大学1年生と中学3年生のママの日常は アンビリーバボーなことばかり! 「子供のお金教育を考える会」代表のあんびるが感じた ちょっと驚きの日常を気ままにご紹介します…。

2008年12月

5

我が家に、ひと足早くサンタさんから
プレゼントが届きました(・∀・)つ

それがこれ!

DVC00027

かわいい なめくじくんです

実は、先月の家計研の講演会でご一緒した日経新聞のA編集委員が
「なめくじ」のお話をされていてそれからとても「なめくじ」気になっていたのです。


絶対に飼いたい!と思って
近所の公園の石の下とか見ていたのですが
冬眠中なのか見当たらず…。
諦めかけていた時に、小松菜に包まれて
やってきたのでした!

娘も大喜びして
「つむつむ」という名前をつけました。

でも息子は、そんな妹を心配しています。
「あいつ、まだなめくじと、かたつむりが
別物って知らないんじゃないか?」

しかし家族一同、怖くて娘に
「背中におうちはできないよ」とは
言えないのでした…( -д-)ノ

5

ご無沙汰しております。
本当に、ご無沙汰でございます。
ずっと、ずっとジェットコースターに
乗ったかのように、日々過ごしておりました。
講演会も、そのほかの仕事も
先が見え、少しほっとしたところです。

気がつけば家中はホコリだらけ。
一体、ホコリって
どこからやってくるのかなあ??
住居不法侵入だ! 鉄拳!

それだけじゃない。
いつ洗ったかわからないハンカチが
ソファのすみに固まっていたり、
台所のシンクが白くなっていたり…。
それからそれから…もう怖くて書けない!!!

と、現実世界は相変わらず厳しいのですが
ここで気分転換が必要と思っていたら
夫の旧知の方から、
お芝居のお誘いが…(*^_^*)

東京芸術劇場でやっている
劇団たいしゅう小説家の「夏の夜の夢」
いや〜面白かった!
とにかく笑える! 
明るい! 
元気!
「夢」を見させていただきました!

その「夢」から目覚めると
本当に眠りから覚め、朝が来たかのように
ストレスから解放されて、体が軽くなっている感じ。

主人公の「白」はもちろん、
つねに笑いの中心にいた「さる」さん、
「ぶた」さんや、豪快な物の怪夫妻、
それに妖艶な踊りを見せてくれた物の怪シスターズ(?)も!
みなさん、元気をありがとうございました〜!

今のご時世、暗いニュースばかり。
こうした「夢」が必要ですね…。

あと今年も残すところわずか。
なんとか乗り切りましょう…ね!

このページのトップヘ