生活経済ジャーナリストあんびるの  「あんびる〜ばぼ〜日記」

大学1年生と中学3年生のママの日常は アンビリーバボーなことばかり! 「子供のお金教育を考える会」代表のあんびるが感じた ちょっと驚きの日常を気ままにご紹介します…。

2014年05月

今日は娘の保護者会でした
移動教室の説明です
そして今週末は息子の保護者会
修学旅行の説明です

で、もちろん子どもたちは
楽しみみたいです



楽しい行事続きで
意外にかかるのが、準備費〜

実はこの準備費、息子は
修学旅行中、ずっと制服なので、
驚くほどお金がかかりません。

一方、娘は…
トレッキングシューズやら、登山用の雨具やら…を
買わなくてはいけなくて
思いがけない出費!!

そういえば、制服も、
娘は、中学のオリジナルなので
標準服だった息子の倍近い金額でした

公立中学って無料のイメージありますが…
…意外に、お金かかります〜(実感!)

愚痴はこのくらいにして

今、書店で絶賛発売中の「週刊女性」。
「主婦の就活 これが現実」と題した
10ページの大特集が組まれております〜

20140526


配偶者控除の見直しも叫ばれている中…
いざ働こう!という時に
知っておきたいことが満載でございます。

実はこの特集の中で
私、あんびるも
就活にチャレンジ

その結末は…マンガになっております

ぜひぜひお手にとってくださいませ〜



気温の変動が激しいですね〜
昨日は東京地方は、晴れたり、雨が降ったり、雷だったり
それはそれは大変でした

ところで近況報告

21日は、神奈川県の「消費者力アップ フェスタかながわ」で
講演をさせていただきました
講演のタイトルは
「地域発の消費者教育 
連携!協働!みんなをつなげる3つのポイント!」。

最後はワークショップでつながりましたよ〜

その後、各団体の活動発表がありました。

いや〜本当に素晴らしくて、勉強させて頂くと同時に
神奈川県の底力をひしひしと感じました

分野も「お金」関係から、被害の未然防止、
安全教育等など多岐にわたり、
そしてそれぞれの団体がいろいろな工夫をされていて…。
こうしたボトムアップの力が
大きな流れになるのだということを
肌で感じてきました。

私も、ボトムアップの一助になるよう頑張ろう

ところで「毒になるお金 幸せになるお金
〜ママと子どものためのお金レッスン35〜」ですが
『消費生活新報』でご紹介いただきました。
20140501


担当して頂いた記者の方に
「まさにあんびるさんの集大成という本ですね。
まわりにもおススメしています」と言って頂き、
本当にうれしかったです。
なにしろ消費者教育のご専門に担当されている方なのですから

こうしていろいろな刺激やお言葉を力にして
一歩一歩進んでまいりたいと思います〜



今、まさに行われている安倍首相の記者会見。

これは、本日5月15日に提出された
「安全保障の法的基盤の再構築に関する懇談会」(安保法制懇)の
報告書を受けて開かれています。

その安保法制懇は、安倍首相の私的諮問機関であり、
有識者の一人は昨夏の段階で、
「報告書は用意しろと言われれば一週間でできる」
と指摘していたとの報道(時事通信 5月15日配信)。
つまり安倍首相に選ばれた安保法制懇のメンバーは
安倍首相と同意見のメンバーであり
とっくに意見の一致はみていたのです。

それがどうして今日の発表だったのでしょう。

ここに注目したいもう一つの大きなニュースがあります。

内閣府が同じく本日発表した
平成26年1−3月期の国内総生産(GDP、季節調整済み)の速報値。
物価変動の影響を除いた実質で前期比1・5%増で
仮にこのペースが1年間続くと仮定すると年率換算で5・9%増。
6四半期連続のプラス成長という明るいニュースでした。

でも…

これ、実は…

消費税増税前の駆け込み需要の時の数値だったりして…

経済の立て直し(!?)を評価され
これまで比較的安定した支持率を維持してきた
安倍首相。

今回もこの「明るいニュース」を背景に、
『本当にやりたいこと』を
推し進めるつもりなのでしょうか。





GWも、母の日も…そしてワールドカップ日本代表の発表も…
終わりましたね〜
もう、毎日が飛ぶように過ぎて行ってしまう
今日この頃です。

それにしても、今日のワールドカップ日本代表の発表、
密かに「TOKYO」とギャグを言ってくれるのを…
じゃなくて、キング・カズがコールされるのを
祈ってしまった
まだ多くの日本人が「ワールドカップ、なにそれ?」と言っていたころに
「日本代表をワールドカップに
連れていくんだ!」と宣言していたカズ…
4年後、期待しています

さて、前置きが長くなりましたが…
スマホを欲しがられた時、
検証したいことのステップ1が
親子ともにスマホを買う「目的」を考えるというもの。
ステップ2が「良い点」と「困った点」を話し合うということでした。

そしていよいよステップ3

ここからは親のお仕事です

そう、ステップ3は「子どもについてよく見てみる」ということ。
チェックポイントは
 チェック1 日ごろテレビ、ゲームの時間厳守ができているか
 チェック2 子どもの性格は冒険派か慎重派か
 チェック3 心の状態

ということです。

子どもとひとくくりにしていっても
個性はさまざま。
わが子がどのようなタイプなのか
よく見てみることも大事です。

先日、高校に入学したばかりの女の子が
「クラスで最後の一人だった!」と苦笑いしながら
真新しいスマホを見せてくれました。

「LINE」で諸連絡がくるため
不便だから買ったとのことでした。

そして続けて一言。

「でもLINEは、はっきりって
勉強の邪魔もの以外なにものでもない」。

このくらいクールに現状を見られると
依存してしまうこともないのでしょうけれど。

いろいろな子が、それぞれどのようにスマホと
関わっているのかということを見てみると
やっぱり、自立してしまう前、
小学校までにしっかりと
自分の欲望をコントロールする力が
育っているかどうか…がポイントのような気がします。

今回ご紹介した
わが子を見てみるというステップ3の
 チェック1 日ごろテレビ、ゲームの時間厳守ができているか
は、こうした欲望のコントロール力がわかるものです。

このような生活習慣が身につき
自分を律せられるようになるように
「やりたいことより やらなくてはいけないこと」を
優先した時には
少し大げさに認めてあげたいものですよね

さて、一応、今回で
親と子のお金相談室の「子どもがスマホを欲しがる」の回答を
終えたいと思います。

またいろいろなご質問に答えて参ります〜
何かリクエストがありましたら
サイトの方の「お問い合わせ」にお声をおよせくださいませ!!

サイトはこちら

最後に…いろいろなところで取り上げていただいている
あんびるの近著「毒になるお金 幸せになるお金
〜ママとこどものためのお金レッスン35〜」
好評発売中です
いろいろな書店さんからご注文が続々…だそうです!!

ぜひお手にとってくださいませ〜



このページのトップヘ