今日は下の子の幼稚園のお芋掘り遠足。
なにが辛かったって、
行きかえりのバス。
活字中毒の私は、乗り物に乗るとその症状が悪化。
活字が読みたくて読みたくて…。
まさか子どもの遠足の本を読み出すわけにもいかず
仕方なくお菓子のパッケージを読みまくったのでした。

話は少々飛びますが、
実は、息子も「活字中毒」でした。
家に帰るなり、本を読みだして放さない。
親同様、たいした本を読むわけではないのですが
これも遺伝子のなせる業か知らんと
ちょっぴりうれしく見守っていたのです。
薄暗い部屋で読みすぎて
「うー気持ちわるい!」とつぶやいているのを
聞いたときの、うれしかったこと!
あの気持ち悪さを、息子と共有できるなんて…

ところが!
最近はちょっと様子が違う。
家に帰るなり、レイザーラモンのマネをして
腰を振る練習を始める始末。
息子のお笑い好きは、これまた私の遺伝子。
高校時代、落語研究部に所属していたくらい
私もお笑いが好きなのだから仕方ない。
でもだからといって、お笑い番組を録画してまで
見せてしまったのが悪かったのか…。
今の若手芸人は下ネタに逃げないから、
親子で楽しめる、なんて安心していたら…。
なんだ! あのレイザーラモンは!!
突然出てきて!
だいなしじゃないかーーー!

聞くところによると、かのレイザーラモン氏。
同志社大学のプロレス部ご出身とか。
我が息子もレイザーラモン氏にあやかって、
文武両道ならぬ、文腰両道してくれることを
せめてもの救いにしたいところです…。
明日は机の上に、
おすすめの1冊(注・文学書ではなくコナンの昆虫解説本)
でも置いておきましょ。