クリスマスを前に、
いろいろ子ども関係の行事が目白押し。
校正やら入稿やらといった
締め切りが直近の仕事はともかく
それ以外はどうも先送りの日々。
仕事しなくちゃー、とは思うものの
まあ、今年一年、よく働いたし
最後の一ヶ月は、大好きな家族と共に
過ごせるようにとの神様からの
贈り物かも知れないと
腹をくくった次第です。

で、家族のとの時間の中で
ヒートアップしているのが
息子との対決。
といっても力ずくでの対決ではなく
脳力プリントでの対決なのです。
久しぶりに立ち寄った書店で
驚いたのが、子ども・大人問わない
「脳力ブーム」。
雇用が不安定な世相と、
高齢化社会を健康に生きるといった
全日本人共通のテーマを反映してか、
この手のドリルだの、ノウハウ本がたくさん
用意されているのです。
さっそく、その中から楽しげなものを
一冊ゲット。
コピーして、息子と対決しています。
相手は所詮小2とあなどっていたら、
なんと、ある分野に入ったとたん
私は完敗するはめに!
あーあ、あの激痛の出産からはや8年。
もはやその子に負ける日が来たわけです。
それはそれはショック…。
くやしいけれど、
でもどこかうれしいような…。
複雑な気分。
あと2〜3年で身長も抜かれて
毎日、「負け」を実感させられるんだろうな。

息子はすっかり気をよくして
その後、毎日戦いを挑んでくる。
おかげで私の脳はすっかり若返り。
アレガネーゼから脱却しつつあります。
私だってまだまだ。
年内で脳をリフレッシュして
新年、またがんばるどー!