娘の幼稚園のお弁当が始まって
朝は慌ただしくなるものの
昼間はずっと私だけの時間〜。
これでやっとまともに仕事ができるというもの。
やったー!

昨日は幼稚園に送り届けるや否や
帰りのバスの中からさっそく
落ち着いて読みたかった論文を、
じっくり、ねっとり読みましたよ〜。
家についても、朝食の食器も洗わずに
布団だってあげずに
洗濯だって、もちろんそのまま!
子どもがいない時間は、
子どもがいてもできることは、
一切するべからず!!

そして論文を読み続け
ふと気がつくと、もう日本語の論文4本
英語の論文(相当テキトーに…苦笑)1本
熟読しておりました。
時計を見ると午後2時ずぎ。
お昼ごはんを忘れていた…と
「卵かけごはん」を食して午後2時30分。
お迎えに向かうまで、あと30分もあるじゃない!
買ったまま放置していた現代経済学の本に
とりかかる。
午後3時。バス停に急ぐ。
普段なら30分でつく道がなぜか渋滞で
約40分。この間も本を読み続けましたよ〜。
そしたら、あとバス停2個というところで
急に吐き気が…。
そういえば頭も、
ずっとズキズキしていた…。
乗り物酔いなんかしたことない
鈍感な三半規管が自慢だったのに…。
まずい! 気持ち悪い!! 
結局途中下車をして、お迎えには30分の大遅刻。
娘は涙目で待っているし、
私の吐き気はおさまらないし…。
楽しいはずの園帰りも
母娘で仏頂顔…。

昨日の一連の出来事を通して、
考察したことがあります。
「仕事に必要なエネルギーは
時間に関係なく一定である」といこと。
つまりこういうことです。
普段3時間かかる仕事を、1時間でこなしたとします。
すると、そのとき消費したエネルギーは、
1時間分のエネルギーではなく
3時間分のエネルギーであるということ。
だから1時間でこなしたとしても、
十分に疲れていて、そのリカバリーに
節約したはずの2時間を費やさなければ
ならなかったりするというわけです。
結局私は、本来冬休みの7日をかけて
するはずだった論文5本と本を読むという
多大なエネルギーを必要とする作業を、
たったの1日でしたために
リカバリーにあと6日は必要になりそうです。
事実、今日もまだ目の奥が痛いし
頭もくらくらするし…。
あんびる、本日より冬休みをとらせて
いただくやもしれません。
あしからず…。