ここのところ忙しくて
あまり寝ていない。
その貴重な睡眠時間に
ちょっとした異変がおきている。
ある人物が連日現れているのだ。
ある人物とは…あの木村拓哉なんである。
しかも、だ。
私はなぜか彼を「キムタ!」と呼んでいるのだ。
そう、あのCMの石田純一みたいに…。

おとといの夢はこうだった。
キムタと私は、体育館にいた。
で、キムタは跳び箱を飛んで見せるのだが
いちいちこちらを見て
「ねえ、すごい? かっこいいでしょ?」
って、アピールするんである。
私はうるさいなあと思いながらも
「うん、すごいね、かっこいいね」と
お愛想笑いをする…。
そんな夢である。

そして昨日。
キムタと私は、結婚していた。
で、子どもまでいた。
私がキムタの書斎にいくと、
そこが意外に広いことに気づき
「ねえ、キムタ。
ここ、子ども部屋にしましょうよ。
いいでしょ」
というと、キムタは苦笑いしながら
「いいよ」といってくれる夢である。

なんだろ。この「キムタ」との親密さは。
それに、そもそもなんで「キムタ」なんだろ。
ジャニーズなら私は、
絶対に「赤西仁」派なんだけど。

ホリエモンは逮捕前に
「追われる夢を見た」といっていたそうだ。
だとすると、この「キムタ」は
何を意味するんだろ?

ああ眠い。けれど寝られない。
こんな仕事を残して、寝ちゃいけない。
でも…この夢の続きがどうしても気になる。
「キムタ」が気になる…。
気になる、気になる…。