講演会ラッシュ、
いよいよ終盤を迎えております。
1日おき…という前代未聞のスケジュールは
体力的に心配でしたが
信頼のおける3人のドクターと
1人の夫(!)のおかげで
元気に過ごすことができました。
年度内の講演も、あと3ヶ所。
頑張ります!

講演会ラッシュの中で
特に商人の町であり、
お笑いの聖地である(?)
大阪でも喜んでいただけたのが
うれしかった!
講演後「哲学の部分で共感できました」
とおっしゃってくださった先生の言葉が
とてもうれしく、ありがたく
もったいなく…心に残りました。
講演後、また講演の機会を…との申し込みも
なによりの励みとなりました。

来年度は、どんな年になるのでしょう。
マスコミで困った先生が
取り上げられたかと思うと
給食費未納で困った親もいるという実態が
浮かび上がったり…。
教育を取り巻く環境は
今こそ、みんなが総力をあげて
変えていかなければいけない
切迫した状況です。
親としても、
いろいろな場を与えられたときにも、
私にできることを
真剣に考えていきたいと
思います。

コンゴ騒乱のさなか、
任務中に命を落とした
タグ・ハマーショルドが
国連事務総長に任命された日の日記に
こう記しています。
For all that has been,Thanks.
To all that shall be,Yes.
(「道しるべ」より)

ハマーショルドの仕事とは
比べ物にならないほど小さく
私自身微力ですが
今年度のすべての出来事に
Thanks.
そして来年度の
仕事を含めすべての「これから」に
yesという自分でありたいと思っています。