今週は、ずっと校正、ひたすら校正…。
冬眠中のクマのような生活だ( ´∀`)つ

校正するには、コーヒーとショートブレッドと
それから音楽が必要(*^_^*)
効率を上げる効果があるんだな
(O型だから、
何かに助けてもらわないとできない…(^_^;)ゞ)

お気に入りは、バッハの「マタイ受難曲」。
宗教曲指揮者で有名なゲンネンヴァインの
1969年録音のものが、校正にはおすすめ!
合唱がすばらしく、耳にやさしい〜。

それからグルダが演奏する
モーツアルトのピアノ協奏曲もグットです。
こちらも軽やかで、耳にやさしいのだな。
グルダは、何枚かモーツアルトの
ピアノ協奏曲を出しているのだけれど、
特に校正向きなのは、
「25番・27番」「26番・23番」。
「20番・21番」は、ちょっとヘビー…。

ちなみに、事務書類の作成には、
カラヤン指揮の「オペラティック・カラヤン」。
踊りながら、さくさくこなせるけど、
これを校正の時に聞いてしまうと
まずいことになる。
体が自然に動いちゃうから…。

音楽に助けてもらって、
もうひとがんばり!

あ、お知らせ一つ。
「プレジデントファミリー」8月号に
「子どものおねだり、上手な拒み方」で
出ています。
多分、今、本屋さんにあるので
ぜひぜひご一読を!