今日は、アフラックの広報の方に
久しぶりにお目にかかりました。
元気な女性2人です。
で、以前も伺った
アフラックが社会貢献活動として行っている
「ペアレンツハウス」のお話を伺いました。
「ペアレンツハウス」は、
小児がんなど難病の子どもたちとその家族が
通院などのために格安で宿泊できる施設。
単に宿泊するだけでなく、
キッチンがあったり、ラウンジがあるなど
いろいろな気配りがされた空間を提供しているのです。
今回、広報の方から
「アフラックペアレンツハウスからの感謝の手紙」という
冊子もいただきました。
心がほっこりしました。

昔、うちの子が大学病院に入院した時、
上京されて入院している子どものご家族が
いかに大変か…知りました。
以来、近所にある「ぶどうの家」という
「ペアレンツハウス」と同じような役割をする施設を
親子でわずかばかりですが支援してきたのですが
このような施設の情報は、なかなか必要な人に届かないのが実情。
こうして、ちょっとした機会に
口コミでもなんでも広めるささやかな努力が必要、と
怠け者の私もブログを書いたわけです(●´ω`●)

詳細は、以下のサイトで…

「ペアレンツハウス」
http://www.aflac.co.jp/corp/mesena/mesena_kids_01.html

「ぶどうの家」
http://www.budounoie.jp/