3.11の震災時、テスト休み中の息子を除き
家族みんながばらばらの場所にいました。
震災直後こそ、あまりばらばらにならないようにしていましたが
日常生活の中ではそれも無理…。

というわけで、
いざという時の行動を
被災した場所ごとに紙に書いたモノをもたせることにしました。

バスの中にいたら、どうずればいいのか。
おけいこごとの場所ならどうするのか。
ママのお迎えはいつまで待っていていいのか。
お友達のママと帰るときにはどうしたらいいのか…等。

そして
,發靴發里箸の行動を書いた紙
迎えに行った時に行き違いにならないように伝言用の「のり付きメモ」
L性のペン
ず匈音伝言板の使い方を書いた紙
ザ疥戮涼録
Σ搬欧再会するための集合場所を書いた紙
Ь銭
非常時連絡先一覧…を一つの袋に入れ
家族全員が持つようにしました。

NEC_0086


本当に、まだ3.11が終わった感じがしませんね…。