今日は、なんと
「毒になるお金 幸せになるお金〜ママと子どものためのお金レッスン35〜」
発売日〜

ぜひぜひ書店にGO!
あ、GO!だけでなくBUY!もお願いします^_^;

毒金出版記念連載も第3回目を迎えました!


やっと「長く売ってくださる」という編集者の方とめぐり合え
企画会議も通り、なんとか骨格も決まりました。
ここまでは、本当にとんとん拍子だったのです。

しかし

書き始めてから
考え込んでしまったのです。

今、自分が書きたいことと
多分親ならみんなが知りたいことは違うのではないか―。

売れる本を書くべきなのか
書かなくてはいけないことを書くべきなのか―。

商業ベースである以上、
市場から求められている本を書くべきです。
そうでないと、せっかく企画を通してくださった
出版社さまに申し訳ない…。

それに、講演会にいつも来てくださっている方々が
聞きたいと思われていることに答えないと、
それは最初の動機であった
子供のお金教育を考える会の成果を還元するということも
果たせません。

でも、一歩進んで
この時代の変化の中で
自分なりに発信したいこともあり…

売れなくては…という思いは
そのうちに人の目を気にしすぎる思春期の子のように
私を委縮させ、迷わせ
結局、文字が打てなくなってしまいました。

そんな時に背中を押してくれたのは
高校時代からの旧友でした。
「いいんじゃない。自分を指名してもらったんだから、
自信を持って好きに書いていけば」。

すぐに言葉をかけてくれたこと
それにB型らしいふんわりとした回答は
孤独にパソコンに向かっていた私の心に染みて…

ようやく私は思春期から抜け出すことができました(*^_^*)

一度自分の好きなように書いてみよう。
そこから始めてみよう。

そう思ったら
うそのようにパソコンに向かうことができるようになりました。

次回は、「編集者Kさんの受難」です!