昨日は、娘の小学校の卒業式でした!
元気すぎるクラスでしたので、
最後も元気で、それいてしっかりした「けじめ」もあり
成長を感じさせてくれる
すてきな卒業式でした

娘が仲良くして頂いた6人組のうち
一人は九州へ、
残りの子どもたちも私立や別々の公立中学へ行くため
名残惜しそうに、ずっとくっついていました。
春は別れの季節でもあるのですね…

さて、親と子のお金相談室は「子どもがケチだ!」の2回目。

前回、「ケチ」にもいろいろあるとお話しました。

そのうちの最初のケース。

自分のお金は使わない…!です。

そうなんです。
最近よく聞くケースです。

「これ欲しい!」
「それならお小遣いで買えば?」
「じゃ、いい…(寂しそうにする)」

これは明らかに親の対応を探っているわけで

お小遣いをもらっている子どもたちのに
「欲しいものがあるときどうする?」ときいたところ
約6割の子が「おねだりする」と答えていますから
むしろ普通の反応かもしれません。

「じゃ、いい…」と言ったときに
親はついついかわいそうになってしまいますが
ぐっとがまん。
本当に欲しいわけじゃなかったのね!と
理解しましょう。

自分のお金が大事。
これは正しい考えです。
きっと社会人になったとき
自分で稼いだお金は慎重に使ってくれることでしょう。

「毒になるお金 幸せになるお金〜ママと子どものためのお金レッスン」に
詳しく書きましたが、
あんびる流の「お小遣い」にすると
こうした親子のやりとりは減るようです。

「お小遣い」で賄うもの、が明確になるので

こちらもぜひぜひ参考にしてみてください。




次回は、ケチの2つ目のタイプ、
本当に物に対しての執着がないタイプについて
お話します(*^_^*)