今日の浅田真央選手の演技、
またまた感動致しました〜

困難なことにも逃げず、自分に勝つ姿…
本当に美しいですね。

さて、親と子のお金相談室は
子どもがケチだ!の三回目

「これにする?」
「いや、いい。いらない…」となってしまうケースです。

お友達のお嬢さんも
学校で必要なセーターなどでさえ
「いやいらない」と言うため
本当に困っていました。

多くの場合、
決めるのが苦手とか、面倒くさいとか…
そんな理由なんですよね。


ほかに熱中してる、例えばスポーツのようなものがあったりしても
モノに興味、関心がむかないこともあります。

で、これが問題なのかと言えば
自分で意思決定することを
ずーっと避けて生きていけませんから
その訓練ができないという意味では問題です。

決めるのが苦手というのも
選んだことに責任を持つのがいやなため…ということもよくあります。
自己責任の社会が待っているのですから
小さいことから自分で選ぶ、ということに
取り組むようにするといいかもしれません。

商品数が多いと選ぶのは難しくなるので
最初は、2択にして選ばせる。
いらないものを一つ決めさせる…というのも
最初のステップとしては有効です。

選べたら「ナイスチョイス〜♡」とほめることも忘れずに

自分のモノを欲しがらない子には
祖父母へのプレゼントを選ぶ…
なんていう機会を与えてあげてもいいかもしれませんね!
祖父母の笑顔は、何よりの励ましになりますから。

さて、次回は
「子どもがケチだ!」の四回目。
「素敵な奥さん」タイプの子への対策です。

「毒になるお金 幸せになるお金
〜ママと子どものためのお金レッスン35〜」(プラス出版)、
先日、ある先生から
先生方の勉強会で評判で
買われる先生も多くいらっしゃったと伺いました。
よかった!!

amazon、再入荷分はまだあるようですので
どうぞよろしくお願い申し上げますv( ̄∇ ̄)v