新学期が始まって1週間。
我が家の子どもたちも、疲れが目立ってきました

今日は、夫が買ってきてくれた芽キャベツを活かして
薬膳スープをつくるつもりです
子どもたちが好きではないクコの実も
入れちゃおう〜

っと、スープの制作に入る前に…
今日も元気に【親と子のお金相談室】です!

「子どもがスマホを欲しがる」の4回目

スマホを買う前の検討事項のステップ1は目的の確認でした。
小学生なら、ここで早くも「必要なし」の判定がでる
ご家庭も多いかもしれませんね

目的を考えて、これはメリットがあるじゃないか!
と思ったら、さらに検討を深めていくことになります。

ステップ2は…
良い点困った点を考える、です。

「意思決定チャート」を使うと更にわかりやすく整理できます。
ここでは割愛します。
詳しくは…宣伝になっちゃいますが…>



この本の巻末のワークブックをご覧ください

話をスマホに戻しましょう

特に思春期の子どもの場合
大事なのがこの「良い点」の検討です。

スマホなんて…!と、親がスマホの悪い点ばかりを
見ていることがわかると
子どもはそれだけで、
「親はわかってくれない」という思いをいだいてしまいます。

もちろん良い点もあるよね!と
認めてあげて、子どもの欲しいという気持ちに
共感することも大事です

例えば、メッセージアプリのLINEは
電話が通じなくなってしまうことが予想される災害時でも
LINEなら連絡が取れる…ということもがえられます。

また就職活動の際には、
就活SNSや求人サイトで情報を常に集めることができますし
カレンダーアプリでスケジュール管理もできるでしょう。
また、地図アプリ、乗換案内アプリは
知らない土地に行くときに便利です。

考えられる良い点をどんどん書き出して
ここは大いに盛り上がってください。
親世代には勉強になることもありそうです

そして、次に考えたいのが
「困った点」ということになります。

次回は、この「困った点」について
お話をします