8月6日に福島市で
そして翌日は郡山市で
親子金融教室のワークショップを行いました。

今回は、銀行の働きに焦点を絞ったワークショップでした。
実は主催された東邦銀行さんの震災時、そして震災後の
さまざまなエピソードに心を打たれて生まれたワークショップです。

当日も、銀行の方に
震災時、そして震災後にどのように考え
行動されたのか、伺うこともできました。

数百年に一度の災害を目の当たりにした方の
貴重な体験と
そこから見えてきた銀行員としての矜恃、人とを繋ぐ真理…
学ぶことが多い濃い時間でした。
「できないと言うのではなく、できることを考える」。
災害時にこういう発想で動いた銀行の方々。
やはり日本ってすごい国だと改めて思います。

未曾有の災害時には人間の本質を問われるもの。
そしてその人間の本質を磨くのは
何気ない今の日常ではないかと思うと
身が引き締まる思いが…。

そして臨んだワークショップ。
いいものにならないわけがないです
ハッルス、ハッスル

昨日、2日間の重責を終えて新幹線の駅に着いたら
大きな虹が郡山の街の上にかかっていました!

20140808


ワークショップで、こんな希望の虹を
子どもたちの心にかけられたのならいいな〜なんて思いつつ

ん? 写真ではちょっと見にくかったか

話は変わりますが
お土産にいただいた生キャラメルポップコーンが…
衝撃的な美味しさ!!
20140809


いや〜キャラメルポップコーンは
テーマパークや
外国産のモノを食べたりしましたが…
これが史上最強に美味しいというのが
家族全員の感想

なんと福島で作られているのだそうです
向山製作所というところ。
ん? お菓子で製作所?という感じですが
それもそのはず、もとは電子部品の会社なのだとか。

夏なのにべたべたせず、歯にもつかなくて
甘さに深みがあって…
ポップコーンの軽さと絶妙なバランス!!

す、すごいの一言。

福島の希望の虹、ですね