生活経済ジャーナリストあんびるの  「あんびる〜ばぼ〜日記」

大学3年生と高校2年生のママの日常は アンビリーバボーなことばかり! 「子供のお金教育を考える会」代表のあんびるが感じた ちょっと驚きの日常を気ままにご紹介します…。

カテゴリ: あったおすすめ本

5

ここのところ、保護者会ラッシュやら
夏バテやらで、なんだか疲労…。
昨日は、それでも経済教育学会の
幹事会に初めて参加して参りました。
学会は、先生方のボランティアで
成り立っているもの。
その熱意と、心意気に
痛く感激した次第です。

明日からは、愛媛に出張。
なので久々にこのブログ、あったに
お任せしようと思います。
では、あった、よろしく!

***********
あったくんの おすすめ本
「かあさんのいす」 ベラ・B・ウイリアムズ作
          あかね書房

 主人公の「わたし」は、びんにお金をためて
イスを買います。なぜかというと、前の火事で
いすもぜんぶ焼けてしまったからです。
 どうやってお金を貯めたかというと、お母さんの
お手伝いや、おばあちゃんがくれたりしました。
もしぼくだったら、たぶんポケモンカードを
買ってしまっていました。ちゃんとおかあさんや
おばあちゃんにも役立つものを自分のお金で買った
のが、えらいと思いました。





5

ここのところ、保護者会ラッシュやら
夏バテやらで、なんだか疲労…。
昨日は、それでも経済教育学会の
幹事会に初めて参加して参りました。
学会は、先生方のボランティアで
成り立っているもの。
その熱意と、心意気に
痛く感激した次第です。

明日からは、愛媛に出張。
なので久々にこのブログ、あったに
お任せしようと思います。
では、あった、よろしく!

***********
あったくんの おすすめ本
「かあさんのいす」 ベラ・B・ウイリアムズ作
          あかね書房

 主人公の「わたし」は、びんにお金をためて
イスを買います。なぜかというと、前の火事で
いすもぜんぶ焼けてしまったからです。
 どうやってお金を貯めたかというと、お母さんの
お手伝いや、おばあちゃんがくれたりしました。
もしぼくだったら、たぶんポケモンカードを
買ってしまっていました。ちゃんとおかあさんや
おばあちゃんにも役立つものを自分のお金で買った
のが、えらいと思いました。





5

仕事も年内残すところ
雑誌の校正と入稿3本のみ。
昨日はゆったり気分で、
東京都美術館で開催されている
「プーシキン美術館展」を
家族で見に行ってきました。
実は島根県に講演にうかがったとき、
出来たばかりの「グラントワ」という美術館を
ご案内いただき、とても感動したので
子どもにも、ぜひ「本物」を見せてあげたい
と機会をうかがっていたのです。

といっても私自身も、
そしてスーパー編集長である夫も
美術に造詣が深いわけではなく…。
私なんぞは、お恥ずかしながら大学の卒業旅行で
初めて美術館を訪れたわけで。
人生最初に訪れた美術館がウフィッイ美術館。
2番目がルーブルで、3番目がプラド美術館…。
なんだかすごいんだか、すごくないんだか…(笑)。

そんな私ですから、美術館が我が家の徒歩圏内に
あるにもかかわらず、家族でこれまで
行ったこともなかったわけです。
今回は、子どもたちにはすごく
特別なことをしている!という気持ちで
行ったのですが。
会場には子供がたくさん。
それに子供用のイヤホンまで用意されていて
解説を聞くことができ、驚きです。
時代は変わったなあ、なんて感動しつつも、
親たるもの、
解説イヤホンにお任せでなく
なんかカッコイイことを言わなければ…と、
モネの絵を前に「ほら、モネって
光のとらえ方がすごいでしょ」
なんて口走ってみた。
すると息子が
「ママすごい。今、イヤホンで
そのこと言っていたよ。
なんでわかるの?」と尊敬のまなざし。
そのままにしておけばいいものを、
私は正直すぎた。
「だって、美術の時間に
先生がそういっていたもん」。
前で私たちの会話を聞いていたご婦人が
クスリと笑い…。
はあ。人間背伸びをするものではありません…。

でも感動しましたよ。
まだまだ心は動きましたよ。本当に。
気の利いた言葉にはならなかったけど。
間もなく同展覧会は東京を離れ、
大阪に行くそうです。
授業で習った名画揃いですから
オススメです
(って、結局美術の授業から
離れられない…)。

5

アクシデント発生!
島根県に行ったら、帰りの飛行機が飛ばず、
一泊する羽目になってしまいました。
日本でもこんなことあるんだー
(ギリシャでは経験済み…)と感心している場合じゃない!
お弁当作りがあるから、日本全国どこでも日帰りをしていたのに
あーどうする娘のお弁当!!

結局航空会社の用意してくれたホテルに泊まり、
お弁当は、ばあばに泣きつく。
はあ。
帰ってみると、ダイニングテーブルの上に
郵便物が山済みに。
ため息混じりに片付け始めると…
内閣府の広報誌「ESP」が届いていました!
テーマは「経済教育元年宣言」。
私も書かせていただいていたものです。
私などが執筆することに恐縮しながらも
こうして意見を述べる機会を与えていただいたことに
深く感謝する次第です。
先生方の論文を拝読すると、
法政大学の小峰先生の論文に引用されていた
一文にはたと目が留まりました。
それはイギリスの経済学者アルフレッド・マーシャル氏の
ケンブリッジ大学教授就任記念講演での言葉で
「冷静な頭脳と温かい心情を持ち、
社会的苦悩を克服するために、
自ら最善の能力を進んでささげようとする人々の数を
一人でも多くすることが私の念願であります」というもの。
マーシャル先生とは無縁だけれど、
そして冷静な頭脳どころでもないけれど、
私になにかしらのものが残っているとしたら、
それを進んで
子どもたちを、そしてこれからの社会をよりよくする
道具として、使ってもらえたらと
意を新たにした次第です。
まだまだ続く、秋の講演行脚。
これからも、およびいただける限り、
誠心誠意、がんばらねば。
まずは手始めに…サロンパス、買ってこよう!

3

難産です。
今、書いている論文…。
いつもこういう時、自分がまるで
鶴の恩返しの鶴になったような気がします。
自分の羽を抜いて、文章を織っているような…。
事実、書き終わると白髪が増えているもんなあ。
あー。締め切りまでに書けなかったら
どうしよう…。

というわけで、鉄拳もおやすみ。
今日は、息子にこの座を譲りたいと思います。

***********

あった(小2)おすすめ本

「こんたのおつかい」
たなかゆかこ文・徳間書店

 こんたは、やまのむこうの、
おとうふやさんに「おあげ」をかいにいきます。
いつもは、花の道をとおっていきます。けれど
きょうは、森の道をとおっていきました。
 そうすると、てんぐやおにがでてきて
やっとのおもいで、おとうふやさんにつきました。
こわくて「おあげ」とまちがえて
「おばけください」といってしまいました。
「おあげ」と「おばけ」をまちがえたところが
おかしかったです。

「こんたのおつかい」

3

難産です。
今、書いている論文…。
いつもこういう時、自分がまるで
鶴の恩返しの鶴になったような気がします。
自分の羽を抜いて、文章を織っているような…。
事実、書き終わると白髪が増えているもんなあ。
あー。締め切りまでに書けなかったら
どうしよう…。

というわけで、鉄拳もおやすみ。
今日は、息子にこの座を譲りたいと思います。

***********

あった(小2)おすすめ本

「こんたのおつかい」
たなかゆかこ文・徳間書店

 こんたは、やまのむこうの、
おとうふやさんに「おあげ」をかいにいきます。
いつもは、花の道をとおっていきます。けれど
きょうは、森の道をとおっていきました。
 そうすると、てんぐやおにがでてきて
やっとのおもいで、おとうふやさんにつきました。
こわくて「おあげ」とまちがえて
「おばけください」といってしまいました。
「おあげ」と「おばけ」をまちがえたところが
おかしかったです。

「こんたのおつかい」

このページのトップヘ